>  > 「予習」の必要性は?

「予習」の必要性は?

口コミなど、今の時代はサービスを利用する前に調べられることも多いじゃないですか。だから風俗でも前もって「予習」をしている人もきっと多いと思うんですけど、実際の所、予習はしないよりはした方が良いとは思いますけど、ただ自分自身がどういった形で風俗を楽しみたいのかによっても全然違うんじゃないかなとは思うんですよね。例えばですけど、どんなプレイになるのか分からないドキドキ感を味わいたいって人であれば、むしろ予習なんてしない方がいろいろと楽しめると思うんですよね。でも、自分好みの風俗嬢としか楽しみたくないって考えているのであれば、やっぱりホームページくらいは見ておいた方が良いと思いますしね。だから結局は自分がどういった形で楽しみたいのかってことにかかっていると思うんですけど、つまりは予習は必須って訳ではないかなと。もちろんこれは本当に自分次第になると思いますので、好きに楽しめば良いと思いますが(笑)

無防備なのは若さですかね

無防備な風俗嬢だったなというのが何よりの印象でしょうか。風俗嬢だって人間というか一人の女の子なんです。女の子として、やっぱり警戒心があると思うんです。特に初対面ともなれば、いきなり初めからフランクに接することなんてなかなか出来ないと思うんです。でも彼女に関しては初めから無防備でした。若さがあればこその話なのかもしれないんですけど、初めからフランクだし、それに私服も自分にとっては大胆だなって思ったんですけど、彼女からすればそこまでのこだわりがないかなって思っています。むしろ彼女のそういったフランクな姿勢のおかげでこの日は自分の気持ちまで若々しいものになったかなって思っています。やっぱり若さがあればこそというか、若い子ってこちらとは常識そのものが違うんです。だからこっちからすると軽いカルチャーショックのようなものですけど、それがさらなる刺激をもたらしてくれたんじゃないかなって思っていますけどね。

[ 2016-12-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談